ツーショットダイヤルを20代で利用してみる

基本的に24時間、365日利用できる点はメリットの一つ

出会いなどがなかなかきっかけに恵まれない方がいます基本的に24時間、365日利用できる点はメリットの一つ異性との出会いをしたいというならば、自分自身を磨くこと

基本的に24時間、365日利用できる点はメリットの一つです。
料金的には、女性側はフリーダイヤルのため通話は無料です。
男性の場合には、女性と電話が繋がることによって時間により料金が発生します。
使い方としては、各地域にあるツーショットダイヤルのサイトなどに掲載されている電話番号から、話したい地域の電話番号を選び電話をかける、ガイダンスの案内に合わせて登録をしてその後利用してみるという形です。
登録をする際には、料金の前払い、後払いなどを選択することになります。
無料のお試しポイントなどがついているというケースもありますが、無料ポイントを利用し、それが終了した段階でそこから有料となることになるためその点については注意も必要です。
テレクラなどの場合には、あまり入れ替わりのないベテラン勢がいるため、手慣れた対応を取る場合もありますが、ツーショットダイヤルの場合には、広告などを女性誌などに出していることで、比較的新鮮な女性層である場合もあり、利用する側としても、電話などに不慣れな相手との会話を楽しむことができる場合があります。
ツーショットダイヤルでは、範囲が比較的広域であるという点がメリットともいえます。
女性は最寄りのセンター待機ですが、男性は全国どこに電話をしても繋がるという点から、自分が住んでいる地域から出張や旅行などで地方などに出かけた先でも気軽に利用できるというのはメリットといえるでしょう。

そうか今日は6月9日か。


むかしドイツ旅したときに深夜にテレビつけたらツーショットダイヤルの宣伝が延々と流れててその番号が「ぜっくすのいんぜっくすのいん(6969)」の繰り返しだったのが記憶に深く焼き付いている(´・ω・)

— のぶぅ@揚子江でワカサギは釣れますか (@dossieaaa_nob) 2019年6月8日